ニュース

ローズマリーティー:それは何のためですか?

ローズマリーティーはいくつかの病気の治療に使用されますが、副作用を引き起こす可能性があります

ローズマリーティー

PinterestのMonikaPによる画像

ローズマリーは、地中海地域で一般的な芳香性のハーブです。細く尖った葉と木質の茎で、青い花と低木(高さ2メートルに達することがあります)を示し、ローズマリーはミント、ラベンダー、オレガノなどのラミア科の植物と見なされています。ローズマリーティーは、ハーブを消費する最も一般的な方法です。香りだけでなく、味も多くの人に喜ばれます。

ローズマリーティーには、体に多くの利益をもたらす特性が含まれています。消化と認知機能の改善、癌の予防、皮膚の問題の治療、炎症の軽減とそれに伴う痛みの緩和、不安の軽減、肝臓機能と髪の健康の改善に役立ちます。ただし、子宮収縮に加えて、嘔吐、吐き気、痙攣などの乱用による副作用があり、妊娠中の使用は危険です。

  • ローズマリー:メリットとその目的

ローズマリーティーの特性

ローズマリーティーはその性質からよく知られています。それは、消毒剤、刺激性、去痰剤、利尿剤、鬱血除去剤、および筋肉弛緩剤です。ローズマリーティーの主な利点は、次のような植物中の活性化合物の存在に関連しています。

  • ボルネオール;
  • 樟脳;
  • ピネノ;
  • シネオール;
  • ミルセノ。

ローズマリーとは

スキンケア

ローズマリーティーに含まれる化合物は、その抗酸化作用、抗炎症作用、刺激作用により、皮膚の外観を改善するのに役立ちます。湿疹に対するローズマリーティーの効果を分析した研究は、ローズマリーティーの摂取によって引き起こされる血流の増加と抗炎症効果が、皮膚のこの一般的な状態の症状を軽減または排除したと結論付けました。

血液循環

ローズマリーティーは、アスピリンと同様の抗凝固作用があり、血流を改善できるため、循環系の刺激物質として知られています。これは、エネルギーを高め、体の四肢を自己維持し、酸素化する体の能力を向上させることができます。

認知機能

カルノシン酸など、ローズマリーに含まれる特定の抗酸化化合物は、記憶を刺激し、神経経路を有害物質から保護し、認知機能に寄与します。

消化

ローズマリーティーの抗痙攣性および駆風性は、消化不良、便秘、膨満およびけいれんに苦しむ人々にとって理想的です。それは消化器系の問題と栄養素の吸収を改善し、腸の炎症を和らげるのに役立ちます。

がんを予防します

ローズマリーティーは抗酸化物質が豊富であるため、細胞の突然変異や癌を引き起こす可能性のある細胞代謝の自然な副産物であるフリーラジカルを中和します。ローズマリーに含まれるロスマリン酸、カフェイン酸、カルノソルは、がんの成長率の低下、特に乳がんと関連しています。

抗炎症薬

ローズマリーに含まれるカルノシン酸は、体内の硝酸(炎症誘発剤)のレベルを低下させます。他の抗酸化剤および抗炎症性化合物と組み合わせて、この成分は関節炎、頭痛、筋肉痛、痔核およびアレルゲンに対する過敏症に苦しむ人々を助けることができます。

鎮痛剤

ローズマリーティーには、痛みを和らげる物質が含まれています。サリチル酸塩(アスピリンに非常に類似した化合物)は、これらの物質の1つです。病気、手術、怪我、慢性的な痛みから回復している場合は、ローズマリーティーが役立ちます。

ヘアケア

多くの人がローズマリーティーを使って髪の健康を改善しています。これを行うには、頭皮と髪にローズマリーティーを塗ってこすります。ローズマリーの抗菌特性は、ふけと脱毛を減らします。

肝臓

研究によると、ローズマリーは肝臓の健康と機能を改善し、排尿を刺激することで体を無害化することができます。これは、体が毒素をより迅速に排除し、さまざまな臓器の緊張を和らげるのに役立ちます。

リラックス

ローズマリーティーも素晴らしいリラクサーです。ローズマリーには、ストレスホルモンのレベルを下げるのに役立つ物質が含まれており、サリチル酸の鎮痛特性も作用します。

ローズマリーティーの作り方は?

ローズマリーティーの作り方はとても簡単です。これを行うには、大さじ1杯のローズマリーの枝(葉と茎)を沸騰したお湯のカップに混ぜて、10分間放置します。次に(必要に応じて)ろ過すると、お茶を飲む準備が整います。ローズマリーの枝がない場合は、粉末のサシェを使用してください。ローズマリーエッセンシャルオイルは、ローズマリーの有効成分を濃縮するため、その利点を得るのに最適な方法でもあります。

  • エッセンシャルオイルの詳細については、「エッセンシャルオイルとは」の記事をご覧ください。

ローズマリーティーの副作用

ローズマリーティーの摂取は、特に大量に摂取した場合、アレルギー反応、胃腸障害、子宮収縮、皮膚の発赤、出血性障害、さらには発作を引き起こす可能性があります。ただし、ローズマリーティーの摂取量が1日1〜2杯に制限されている場合は、副作用は発生しません。

  • 妊娠-ローズマリーティーに含まれる化合物の中には、妊娠中、特に最初の2学期に危険な月経を刺激するものがあり、自然流産、子宮出血、早産を引き起こす可能性があります。さらに、ローズマリーに含まれる揮発性物質の一部は乳汁を介して子供に伝わる可能性があるため、授乳中の女性はこのお茶を避ける必要があります。
  • 発作-ローズマリーティーの一部の有効成分は、それらを摂取する準備ができている人々の発作を悪化させる可能性があります。発作性疾患がある場合は、ローズマリーティーを飲む前に医師に相談してください。
  • 胃の問題-ローズマリーティーを摂取することによる最も一般的な副作用のいくつかは、吐き気、嘔吐、腸の炎症、および痔核です。ただし、これらの状態は通常、ローズマリーティーを大量に摂取した場合にのみ発生します。
  • アスピリンアレルギー-ローズマリーティーに含まれる化学物質の1つであるサリチル酸はアスピリンと非常によく似ており、アスピリンにアレルギーがある場合は、体が同じように反応する可能性があります。したがって、ローズマリーティーを消費する前に、この問題について医師に相談してください。
  • 出血-出血性疾患に苦しんでいる場合、ローズマリーティーの抗凝固性はあなたの状態を悪化させる可能性があります。だから、ローズマリーティーを飲む前にあなたの医者を訪ねてください。