ニュース

ひまわりの種には信じられないほどの利点があります

ストレスを和らげ、癌と戦うなどの役割を果たすヒマワリの種の利点を発見してください

ヒマワリの種

画像:UnsplashのMatt Briney

ヒマワリの種は、安価で市場やバルクストアで比較的簡単に見つかることに加えて、体に良い栄養素が豊富です。ひまわりの種を料理やレシピに加えたり、生やトーストで食べたり、種から抽出したひまわり油を使ってそのメリットを享受することができます。ヒマワリの種の特性の中には、保湿力、赤ちゃんの感染の予防、そして癌との闘いがあります。

ヒマワリ種子の利点

ストレスを和らげる

それらはマグネシウムを含んでいるので、ヒマワリの種はストレスと片頭痛を和らげ、和らげます。種子には、不安や鬱病と戦うのに役立つトリプトファンとコリンも含まれています。コリンはまた、脳機能を改善し、記憶を助けます。

  • マグネシウム:それは何のためですか?

癌と戦う

ヒマワリの種子にはセレンが含まれており、癌を予防し、DNA修復を促進し、癌細胞の増殖を防ぎます。ヒマワリ油はまた、細胞の損傷を制御するのに役立つカロテノイドが豊富で、肺、皮膚、子宮の癌を発症するリスクを回避します。

赤ちゃんの感染症のリスクを軽減します

ヒマワリの種は、授乳中の女性の感染リスクを軽減し、早産や低出生体重などの障害を防ぎます。未熟な赤ちゃんは、臓器が発達していないために感染症を発症する可能性が高くなります。

早期老化を防ぎます

ヒマワリの種子に含まれるビタミンEは、皮膚へのフリーラジカルによる損傷や太陽による損傷を防ぎ、傷やしわの外観を改善するのに役立ちます。ヒマワリの種子に含まれるベータカロチンは、皮膚を太陽に対する感受性を低下させ、存在する他の抗酸化剤は、環境損傷から皮膚を保護し、老化の兆候を防ぎます。

  • 酸化防止剤:それらが何であるか、そしてそれらを見つけるためにどの食品に含まれるか

保湿性があります

ヒマワリ種子油は、天然の保湿剤として機能します。

脱毛を防ぎます

ヒマワリの種子にはビタミンB6が含まれており、頭皮への酸素の供給を増加させるため、脱毛を防ぎます。

髪の成長を刺激します

ヒマワリの種は亜鉛を含んでいるため、髪の成長を促進します。ビタミンEは頭皮への血液循環を増加させるため、髪の成長も刺激しますが、適度に摂取する必要があります。過剰な亜鉛とビタミンEは脱毛を引き起こす可能性があります。

髪に潤いを与える

ヒマワリ種子油にはオメガ6脂肪酸が含まれており、髪の摩耗を防ぎ、天然の保湿剤です。

肌を守ります

ヒマワリの種子に含まれるビタミンEは、有害な紫外線から皮膚を保護し、輝く若々しい皮膚を提供します。

肌の維持に役立ちます

ヒマワリの種子に含まれる銅は、皮膚を健康に保ち、紫外線から保護する性質を与えます。

にきびや皮膚の問題と戦う

ヒマワリの種

CC0パブリックドメインの下でライセンスされたPxhereから入手可能な画像

ヒマワリ種子油には、リノール酸、パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸などの必須脂肪酸が含まれており、コラーゲンとエラスチンの形成を刺激し、肌を柔らかく滑らかにします。脂肪酸は、皮膚を細菌から保護し、にきびを軽減する抗菌特性を持っています。ヒマワリ種子油は湿疹や皮膚炎を和らげるだけでなく、早産の赤ちゃんの皮膚を保護し、皮膚感染のリスクを軽減します。

フリーラジカルによる損傷を防ぎます

ヒマワリの種子に含まれるビタミンEは脂溶性の抗酸化剤であり、フリーラジカルを中和し、脳細胞、細胞膜、コレステロールの損傷を防ぎます。また、血液循環と赤血球の生成を維持するのにも役立ちます。

細胞形成を促進する

ヒマワリには、新しい細胞の形成に必要な新しいDNAの生成に不可欠な葉酸が含まれています。そのため、妊婦にはオイルとヒマワリの種の摂取を強くお勧めします。

関節炎を予防します

ヒマワリ種子油は、関節リウマチの予防と治療に役立つだけでなく、関節炎の症状を軽減します。

喘息を予防します

ヒマワリの種は、喘息および関連する症状の予防に役立ちます。

白内障を予防します

ヒマワリの種はカロテノイドが豊富であるため、白内障の予防に役立ちます。このオイルには、目の健康に役立つビタミンAが含まれています。

骨粗鬆症を予防します

ヒマワリの種子には、筋肉組織の修復を助け、体内のさまざまな酵素機能を助けるタンパク質が含まれています。タンパク質は骨の発達にも不可欠であり、その結果、骨粗鬆症を防ぎ、骨基質の適切な発達を助け、骨の強度を助けます。

消化を助ける

ヒマワリの生種子は、食物繊維を多く含んでいるため、消化を助け、便秘を治すことができます。

心血管疾患を予防します

ヒマワリの種子に含まれるビタミンCは心血管疾患の予防に役立ち、ビタミンEはフリーラジカルによるコレステロールの酸化を防ぎます。酸化されると、コレステロールは血管壁に付着してアテローム性動脈硬化症を引き起こし、心臓発作、動脈閉塞、または脳卒中を引き起こす可能性があります。

コレステロールを減らす

ヒマワリの種子には、コレステロールを低下させる植物ステロール、繊維、化合物が多く含まれています。

胸のうっ血を和らげる

ヒマワリの種は、乳房の鬱血を和らげる自然療法として役立ちます。

エネルギーを生み出す

ヒマワリの種子には、化学反応のために細胞触媒または酵素を刺激するビタミンB1が含まれており、食物からエネルギーを引き出すために体が必要とします。ヒマワリには、細胞エネルギーの生成に役立つ銅が含まれています。

免疫システムを健康に保つ

ヒマワリの種は亜鉛を含んでいるため、免疫系の健康を維持し、嗅覚や味覚を鋭く保つだけでなく、傷の治癒にも役立ちます。

消化器系を健康に保つ

ヒマワリの種には、健康な消化器系とエネルギー生産に不可欠なBビタミンが含まれています。

神経をリラックスさせる

ヒマワリの種はマグネシウムを含んでいるので、神経をリラックスさせます。

それは抗酸化剤の源です

セレンやビタミンEなどの酸化防止剤はヒマワリの種子に含まれており、その特性の1つが細胞への酸化的損傷を防止または制限し、糖尿病、癌、心血管疾患などの疾患から保護します。